まいにち、てきとうに (^^;)
つれづれです
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
delfino
  • delfino
  • ベトナム美女!!
    私じゃ誰も喜ばないので(笑)
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
英語勉強方法報告会 (本三冊)
英語勉強方法報告会で、ファシリテーター(司会・・促進者)をやった
 そのときに勉強のため読んだ本3冊

自己啓発系の本って、怪しいと思ったけど
 どの本も本当に勉強になりました



【コミュニケーション力  斉藤孝】

・声に出して読みたい日本語の作者として名前は知っていた
 あまのじゃくな自分は読む機会がなかったが、今回必要に迫られ読むことになった

・著者の主張
 コミュニケーション力は技術の一つ
 普通の人は勉強をしなければコミュニケーション力が身につかない
 コミュニケーション力向上の具体的な方法を例示・説明

・著者自薦書は、本書“コミュニケーション力”と“読書力”
 自分も感銘しました、間違いなく推薦したい本の一冊です
 一年後に読むとまた新しい発見ができる本です
 内容がすべて身に付けば、人間関係も仕事もうまくいくようになるのでしょうね

・著者の標語
 『エネルギーは出せば出すほど湧いてくる!』
 『ネガティブな意見を言っている暇があったらアイデアを出せ!』



<コミュニケーション力  斉藤孝 : 自分要約>

「クリエイティブな関係」
  聞き手が発した言葉によって自分が刺激され新しい意味を見つけ出す
   相手の言葉で久しぶりに思い出したこと

「文脈力」

「メモを取りながら会話する」
  キーワードでマップにしていく
  メモを取る (黒=相手の話、青=相手の重要な話、赤=自分の思うこと)

「マッピングコミュニケーション」
  一枚の紙の上に、二人の考えを書き込んで行く
  記述した言葉と言葉の関係をはっきりさせる

「外国語学習と体」
  体のモードチェンジが必要、英語の勉強前に体を揺さぶる
  なぞり方式が一番有効

「雰囲気の感知力積極的受動性」
  話の文脈を理解する、各人の気持ち
  場を積極的で活動的な雰囲気にしたければ、みんなが上機嫌であるようにする
  リーダーシップとは、体で空気の微妙な変化を感じ、方向をセットし、全体の空気をリードする

「コミュニケーションの技法」
沿いずらす、要約力、言い換え力

「ディスカッションのコツ」
自己紹介時に名前をメモし意見を書き込む、チームとして機能することを考える=否定しない
消極的メンバーに気を回す

「コメント力」
コメントすることは義務である
短く語る
人と同じ事を言うのはやめよう、人が言いそうなことは言うまい
具体的かつ本質的な質問をする

「相談を持ちかける技」
コミュニケーションが緊密になる




【すごい会議 大橋禅太郎】

<会議の初め>
・会議で得たい成果をイメージしてもらう=達成したい希望は何か
・議題の書き方は、「どのようにすれば」に書き換える
  「なぜ」と聞かない、この場合「できない理由」しか帰ってこない

<会議の意見発表>
・書いてから発表してもらう
  話を短くまとめることが出来る
  自分の考えを書くことによって再認識できる
  記録として残せる
  ほかの参加者の意見が聞こえない
  発表時ほかの参加者の意見に左右されない
・同じ内容でも発表してもらう

<会議のまとめ>
・各自に目標を書いてもらう
・何時までに何を実行するか決める
・共有、共感の持てる短期目標を設定する




【頭がいい人の習慣術  小泉十三】

・アメリカを動かすエリートの「3つのYES」とは
  「あなたは目標を設定していますか?」
  「その目標を書き留めていますか?」
  「目標達成の計画はありますか?」

・なぜ、仕事で、100点をめざそうとするのか
  80点とれたら「合格」として次の仕事を始める

・仕事のスランプを脱出する意外な方法がある
  「心のどこかに引っかかっているものをすべて書き出す」
   仕事 : 目標、納期・やり残したこと、上司と部下との人間関係
   プライベート : 家族、恋人、友人、趣味など

・「返事と御礼」はすべての仕事に優先させよ

・最も仕事がはかどる時間は
  集中できる時間がいつかは、個人により異なる

・趣味は人に自慢できるものでなくても良い
  自分ひとりをなぐさめるものであって、他人の批評を必要とはしない

・「好き・嫌い」の感情は仕事にこう活かす
  好き嫌いがあるのは自然なことで、あったほうがいいくらい
  自分が何を嫌いかはっきり認識することで、自分が何を好きなのか認識することにつながる

・本は最後まで読まなくても良い
  面白くなかったら本は最後まで読まなくて良い
  本の論旨が十分に理解できればそこで、読むのを止めてしまって良い

・休日だからと言って、「ガツガツ」遊ばない
  何もせず家でごろごろしていても良い

・友人は数人いればそれで十分





って長すぎ...
スポンサーサイト

【2008/03/08 08:58】 備忘録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<英語勉強方法報告会 | BLOG TOP | 自転車 3台?>>
この記事に対するコメント
勉強になる
自分は今までhow to本を殆ど読まないまま来てしまった人間なので、非常にタメになります。
読まなきゃダメですね。
【2008/03/10 11:55】 URL | izmy #AQHxDDIg [ 編集 ]
研修研修
お帰りなさい。相変わらず出張続きですね。

自分もhowto本って読まなかったんですけど。
今の自分の立場になると本当に役に立ちますね。

実は、読むだけではなくて、英語で、その手の研修を受けている最中。
月一回、シビアですけど、勉強になり、自己改革が出来ます。

ちなみにスローガン= Main Point First! or Get to the Point!
重要な点を初めに話し、ピラミッド型で話をするように心がけてます。
【2008/03/12 12:35】 URL | delfino #- [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://squadradelfino.blog15.fc2.com/tb.php/277-bc7e469b


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。