まいにち、てきとうに (^^;)
つれづれです
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
delfino
  • delfino
  • ベトナム美女!!
    私じゃ誰も喜ばないので(笑)
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ベトナム自転車旅行13.CaNa→LongKhanh(1/6)
ハノイからホーチミンまでの距離は1800km
 14日間走行出来るとすると一日平均130km以上走行しないと完走できない計算ですよね
 一日130km走るというの結構大変なんですよ

そしてホテルのある町は決まっているので、走行距離はそれに束縛されてしまう
 130kmより実際には長い距離の日と短い距離の日ができてしまう
 ついでに一日アイスクリーム休暇があった自分、よけい日程がつらい

ってうだうだ書いたのは
 この日は200km走んないと行けなかったんですよ
 ファンティエットまでは100km前後、その先が100km行かないとホテルなさそうで
 箱根駅伝の距離が110km弱なので、200kmというのは距離的には東京から芦ノ湖往復です

実はこの200km、ツーリングバイクでは相当きつい距離
 ロードレーサーは一日230kmもツーリングバイクは180kmが最高でした


そこでこの日は夜明けの朝6時スタート
 前夜から強い風が吹き荒れ、ちゃちいコテージはトタン?のばたつく音が聞こえた
 それがどちらかと言えば吉と出て、今日もほとんどの場所で追い風
 海岸線に近い場所では、強い向かい風で時速15km出ないことも有りましたが

海岸線から少し陸地側に入った風景はこんな感じ
20060304-b1.jpg

イメージの中にあるアリゾナの砂漠
 農業が出来ない乾燥地域であまり高い木も生えていない

気温が上がらない朝早い時間に抜けれてラッキーでったと思った



この日の走行は順調
 いや、いままで七割程度の力でしか走ってこなかった
 この日は残り少ない走行日数から、無理しても大丈夫と判断して90%にアップ
 強い追い風のアシストもあって、ファンティエットまでの平均時速は27km/h以上
 よわっちいライダーとしては、望みうるベストパフォーマンスです

計画では80km先のファンティエットの到着予定は12:30
 それが10:45には余裕で到着、三十分ほど余裕で昼ご飯が食べられた



風景の他にもう一つ特徴的だったのは、人種の違い
 ベトナムと言っても、この日走っている南ベトナムを今のベトナム人が占領したのは17~18世紀ぐらい
 それまではシャム(タイ)系の民族やクメール(カンボジア)民族の土地

その名残があって、
 ベトナム北部の平地は日本人に似た容姿も
 この辺りは日本人がイメージする東南アジア系の顔立ちの人の割合が増えてくる
 そして人によっては、完全にシャム系の民族衣装まで着ていた



ファンティエットの先も似たような風景が広がる中、快調にサイクリング
 レンガ工場、日干しした後焼いてるのでしょう
 ベトナムの主要建築資材、べとなむにはあんまり地震がないらしい
20060304-b2.jpg

20060304-b3.jpg


快調とかいたが、本当は少しずつ危機が
 12時を過ぎ、13時に近づくにつれ、日光はより激しさを増した
 一時間に一回の水分補給では全く追いつかない

そして13時を過ぎると、ふらふらになり、まっすぐ走れないぐらい
 沿道にはパラソルをさしたコーヒー屋さん
 何度も誘惑には打ち勝ってきたが
 ついにここにきてコーヒー屋さんに待避
  ベトナムにもシェスタが必要な事よく分かりました(これが真冬でも)



コーヒー屋さんは極楽
 パラソルのした長いすに横たわる
 氷入りのジュースが、缶ジュースを店先で買うのと対して変わらず出てくる
 それにお店の女の子が美人
 いす隣に並べて一時間接待してくれました←(旅の指さし会話帳で雑談しただけですよ)
 これならもっと前から活用すれば良かった

まあ冗談でなく、休憩はこまめにとった方が、疲労の蓄積なくて良いと思います
 自分はどうも休憩するのがあんまり好きではないので
 いや、真夏に走るときはすぐに木陰で休憩するか、、、


一時間ほどの休憩のあと、
 美人の女の子に別れ、サイクリング再開
休憩の効果は抜群で、時速25km/hが復活した

ついでに尿意も催したけど、予想以上に集落が続いてやる場所がない
 最後はガソリンスタンド駆け込んだら、快くOK
 要らなそうでしたけど、使用後チップを一応おいてきました
 南部のガソリンスタンドは、スタンドにジュースの保冷庫あったようで、
 トイレと水分補給はガソリンスタンドがお勧めかもしれません


道を走っていると、こんな豚さんにも出会います
 スーパーカブの後ろにミニブタ三匹ぐらい積んでるのもよく見ました
20060304-b4.jpg



延々と走っていき、目的地まで残り10km地点でチャリダーに遭遇
 今回の旅行で初めて
 ドイツから来た57才のチャリダーでした
 40代半ばかと思った、かれはラオスのビエンチャンから来たとか
 ベトナム国内しか走っていない自分はあまあまですね
自分とドイツ人で写真の取り合い
20060304-b5.jpg

20060304-b6.jpg


彼と共に、クアンロックの町にゆっくり到着
 時間は17時、休憩一時間含めても予想より早く町に到着
 230kmも走って、平均時速24.6km/hは自分でも信じられない速度です
 ドイツ人と会わなければおそらく26km/h弱だったと思います


心地よい疲れと、充実した走行を楽しめた一日でした


<走行データ>
 走行日:2006年1月6日 6:00→17:00
 旅程:CaNa → LongKhanh
 走行距離:234.3km 、 走行時間:9時間31分 、 平均速度:24.6km/h
 走行状況:日光照りつける砂漠を走行、日差しが痛かった
 天気:快晴 、 風向き:うれしいことに今日も追い風
スポンサーサイト

【2006/03/05 02:06】 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<今日は | BLOG TOP | ベトナム自転車旅行12.NhaTrang→CaNa(1/5)>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://squadradelfino.blog15.fc2.com/tb.php/202-a97ca967


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。