まいにち、てきとうに (^^;)
つれづれです
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
delfino
  • delfino
  • ベトナム美女!!
    私じゃ誰も喜ばないので(笑)
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ベトナム自転車旅行12.NhaTrang→CaNa(1/5)
この日からサイゴンまで、残念ながらあんまり画像ありません
 デジカメの電池が切れてしまったので
 自転車メモが多くなる感じですが、ご了承を

-----------------------------------------------------------

ニャチャンでも、どこも夜遊びに出かけずおとなしく就寝
 今日もそれなりに走る予定なので、早めに起床
 6:30過ぎに朝食準備して貰って、ちょっと迷惑だったかな?

7:30に宿を出発
 ニャチャンからの道は国道一号線を通らず海岸沿いの道を選択
 道はホテルのフロントに教えて貰いました

町近くに有ったニャチャン空港は
 三年ぐらいまえに南のカムラン近くに移動
 カムランへニャチャンから海岸線を経由した新しい道路が出来てました
と言っても町中に看板は無くて、ニャチャンの町から出るのに少し不安 

町中を抜けると、道は片側二車線の立派な道路に
 誰が通るんだいって思うと
 通るのは空港バスとタクシーばっかりですよ
  ↑ 道間違ってないのが確認できます

岬を越えると、何もない真っ平らな砂地の大地、そこにのびる直線の道路
 (一応ちょっと東側の方向にカーブしています)
 ニャチャンよりここの方が海水浴向いてない?
 日が差して無く、今日は曇り?、と思っていると
 徐々に青い空が迫り、木陰のない道路に、日本の真夏並みの太陽が照りつける

途中で西の国道一号線方向に向かう道が有るが、そのまままっすぐ進む
 空港への交差点をすぎると、道路は中央ラインのない田舎道
 追い風に気分飛ばしのは良いけど、もしかして道間違えた?
 こんな追い風の中戻りたく無いよーーー

と、この道に入ってからの三人目の住民に遭遇
 そう新しくできた道、砂丘の中の道なので人間住んでなかったんです
 この人はすぐに橋が見えるからと手振りで教えてくれた

そのまま走っていくと、
 まず怪しげな廃墟になった洋風ホテルのような建物が見えた
 そしてその先に、あったあった、確かに橋が有りました
 良かった、標識無くて心配だったので
20060304-a1.jpg

 味わいのある橋でした


この橋の先で検問所?に遭遇
 自転車でそのまま通過しようと思ったら、セーラー服着たお兄さんに留められちゃいました
 自転車は降りて歩いていかないといけなかったらしい
  まあ変な外国人ということで、笑って見過ごして貰いました

その先1kmも行かないところで再度検問所が
 この検問所の間に軍事基地があったみたいです
 検問所の外にはおみやげ屋さんがあって、子供用のセーラー服を売ってました
 名物(?)にちなんだおみやげ屋さん、今回の旅行ここしか見てないかな

ということで知ってる人は察したでしょうけど
 ここカムランは軍港のある場所
 たしか、ベトナム戦争時は米国海軍の基地が有ったところです


さあ検問所を抜け、どうやって国道一号線に出ようか
 そう悩む必要もなくすぐ先が国道一号線、良かった良かった

ここからは道も広くて(その分交通量も多い)、順調にサイクリング
 カムランは、軍港の周りだけでなく、この先も結構な距離町が続いていた



そうそうここカムランで驚いたこと
 ジュースを購入した時
  値段がぼったくられず定価のままだったこと
  それになにより、ジュースと一緒に氷をくれたこと
   ↑ ボトルに入った冷たいジュース、サイクリストには最高のプレゼント



カムランの町を抜けると緩い上り坂を越え小高い大地に
 牧草地が広がり、今回の旅行で初めて羊を見かけた

日差しは痛い物の、強い追い風がアシストしてくれ爽快なサイクリング
 時速は33~35km/h、俺って強いって、そんな誤解も感じる?
 風景も好きな感じ、最高の自転車ツーリングです
20060304-a2.jpg

20060304-a3.jpg



ファンランの町で昼食を取ろうとぼけーっと走ってたら
 町をすぎてしまって、その先の小さい町で昼食
 この日も予定よりだいぶ早く走行出来たのでゆっくり食事

その後、デジャブのようにさっきの少し高い台地と同じ風景を走行
 どこかにシャム族の砦が有るらしいけど分からなかった

昼食後一時間で今日の目標地カーナービーチに到着
 一泊12ドルのコテージに宿泊
 南の島のコテージを想像してたら全く違った (笑)

泊まったコテージとメインの海岸は場所が違うみたいで
 ビーチは本当に小さかったです
 その代わり、浜は珊瑚でできてました
 砂浜しか知らなかったので、ちょっと感激
20060304-a4.jpg

20060304-a5.jpg

観光客が乗るたらい船の練習してる地元民です
 佐渡島と同じ感じでしょうか?
20060304-a6.jpg


宿では時間があったので、受付のお姉さんと話しました
 私はビールに焼きそばのおつまみつきで

彼女はハノイ出身で大学卒業のエリート
 意思疎通するには全く問題ないレベルで英語が話せた
それがこんな田舎町で、古びたホテル&レストランの受付
 北部の人間と言うこともあって周りの人からは孤立してる感じ
 ベトナム人には珍しく、哀愁感を漂わせたような雰囲気の人でした

私のように自由に海外旅行出来ることがうらやましいって
 君は行かないの?って聞いたら、悲しい顔をして無理だと
 自由が無いと言うより、お金の問題のよう
 (月給一万円も無いと思われるので)

自分は恵まれているって、実感した瞬間でした

翌日は朝6時の出発
 その時間に起床させたお詫びに(アーリーチェックアウト)一ドルをチップで
 自分にとってはたった一ドル、でもすごい喜びようでした
チップのお礼にビスケットを10枚ほどもらいました
 その気持ちがなんともいえず嬉しかった



<走行データ>
 走行日:2006年1月5日 7:30→14:00
 旅程:NhaTrang → CaNa
 走行距離:131.4km 、 走行時間:5時間35分 、 平均速度:23.5km/h
 走行状況:季節は一日で真夏に、暑かった
 天気:快晴 、 風向き:強ーい追い風
スポンサーサイト

【2006/03/04 15:47】 スポーツ--自転車 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<ベトナム自転車旅行13.CaNa→LongKhanh(1/6) | BLOG TOP | ベトナム自転車旅行11.QuyNhon→NhaTrang(1/4)>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://squadradelfino.blog15.fc2.com/tb.php/201-3136db27


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。