まいにち、てきとうに (^^;)
つれづれです
02 | 2006/03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
delfino
  • delfino
  • ベトナム美女!!
    私じゃ誰も喜ばないので(笑)
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ベトナム旅行番外編.サイゴン観光
観光客らしく、一応サイゴンで観光

東南アジア発日本行きの飛行機は深夜発が多い
 ベトナムもその例に漏れず、深夜23:55の出発
 自転車到着日の午後と翌日の丸一日が観光に使えた



初日に行ったのは戦争証跡博物館、展示場所は3~4ヶ所
  ベトナム戦争を写真で展示した部屋と枯れ葉剤関連の展示が強烈

枯れ葉剤関連の展示でなにが強烈って
 死産した?胎児のホルマリン漬け!
 百聞は一見にしかず、ちらっとしか見てないけど、吐きそうだった
 見たくはないけど、サイゴンに行ったからには見ないといけないでしょう

それからベトナム戦争の写真展示
 一枚一枚何かを訴えかける強い力を感じる
 背景等詳しく分からないが、戦争がどんなものか、ちょっとだけ理解した 

古都フエも戦乱に巻き込まれた、その市街戦の写真
 自分が走ったあの町中で有ったかと思うと、戦争が身近なものに感じた




この日は、そのあと近くのスーパーで買い物
 夜は国営百貨店でウインドーショッピング
 そこのカフェでお茶、町並みをボケーッと眺めた
20060304-d2.jpg

20060304-d3.jpg

結構良い眺めで、買い物がてらお茶するのお勧めです
 ベトナムコーヒーのミルク(練乳)入りをどうぞ
 ケーキも普通に美味しかったですよ
20060304-d4.jpg




翌日は昼まで部屋でボケーッと過ごす
 なんだかんだ言っても、相当疲れてたんですよね
 まあほとんど休み無く1825kmも走行すればそうなります

ホテルは一応高級ホテル
 利点・欠点いろいろ有りましたが、浴室がきれいなのがやはりいい
 他のホテルのほとんどは、浴室になるべく居たくなかったですから

昼過ぎにチェックアウトし、観光に出かける
 と、ホテルを出てすぐのところで結婚式の受付嬢?発見!!!
 美女勢揃いで、記念に写真とらせて貰った
20060304-d5.jpg


まず行ったのは教会、外から眺めた
20060304-d6.jpg

次に郵便局
20060304-d7.jpg

内側に壁に地図が貼って有りました
 インドじゃないです
 インドシナ南部、20世紀初めフランスが直接統治していた範囲
 その電信図の一覧のようでした
20060304-d8.jpg

駅と間違えると言われるのがよく分かる雰囲気
20060304-d9.jpg


ここからがサイゴン観光の本命”南ベトナム旧大統領府”
 1975年4月30日、旧大統領府へ戦車が突入しサイゴン陥落
 その戦車が走った方向から写真撮影

そして私のカメラもこれが最後の一枚になりました
 550枚撮影、よく電池のバッテリーもちました
20060304-dd.jpg


旧大統領府、一時間ぐらいガイドツアーがあります
 残念ながらこの日は日本語の案内が無く、英語にツアーに参加

が、英語、全く分かんなかった
 palaceがプレースとしか聞こえなかった
 まあnativeも30%しか理解できないらしく、自分が分からんのも当然ですね


そのあとプリン屋でベトナムプリン食す
 普通に美味しかった

最後の夕ご飯はちょっとリッチに高級レストラン
 ソフトシェルクラブの唐揚げと炊き込みご飯
 本当に美味しかったです
 ビール三缶含めて2500円!! いやぁ高すぎる夕ご飯!
レストランはマキシムズ・ナムアンという名前
 前日メニュー見に行ったとき、お茶出すサービスも有ったし
 ウエイターもいいぐらいにフレンドリーでした


空港までのタクシーで2$ほどぼられたりしましたが
 最終日もまずまず楽しい旅行が出来ました



次回は、純粋に観光でベトナムに帰りたいです

 メコンデルタ経由で船でプノンペンに入り陸路でサイゴン帰還
 そんな夢も1%ぐらい残ってます、、もちろん自転車で!!!
スポンサーサイト
【2006/03/27 23:11】 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
このページの先頭へ
ベトナム自転車旅行14.LongKhanh→Saigon(1/7)
ひさしぶりに時間がとれた?
 予想通り三月初めから忙しくて更新滞りました

ベトナム旅行記もあと2回の予定
 よろしくおつきあいのほどを


------------------------------------------------------------

宿泊したホテル
 天井も高く部屋も広くて、いままでのホテルと雰囲気違ってました
 部屋の外には豪華な手すりの付いたベランダ
 一回のホテル外にはきれいな池がありました

同宿したドイツ人は
 ベトナム戦争前に作られたフランス系の建物だろうと
 確かに施設は古くて、自分の部屋はお湯が出なかった
  ↑古いことが理由じゃないんですけどね

一泊150000ドン(千円ほど)で宿泊しましたが
 リフォームすれば倍の20$でも高くはないかもしれません

20060304-c1.jpg

20060304-c2.jpg



ベトナムで自転車走行最終日
 嬉しいような寂しいような、ちょっと複雑な感じ
 昨日の走行のおかげで、今日は80kmほどの走行

朝7:30出発
 8時過ぎには暑い空気が漂い始める
 この日は4時間の走行で3回の給水&休憩
 それでも暑くて、、、最終日でホントに良かったです

飲んでいたジュースは、ほとんどペプシコーラ
 というのも、安くて味に安心が有ったから
 コカコーラは高かったんですよね、なんででしょうね
このへんからペプシはペプシでもコーヒーテーストが出てきた
 のどを通ればOKも、日本じゃ売れないなー


最終日の走行状況
 やはりサイゴンは都会でした
  車の量が本当に多くて、自転車に乗ってるだけでも大変でした
  そのせいで、排ガスがひどくのどががらがらになっちゃいました
  この日だけはマスクが欲しくなりました



この日も国道一号線をサイゴンに向けひたすら走る
 途中ビエンホアに日系をはじめとした工業団地がたくさんあった

そしてついに無理と思っていた目的地サイゴン市内に入る
 わけのわからない顔の彫像がお出迎え
 (じつはどこからサイゴンがわかんなかったりして)
20060304-c3.jpg



サイゴンに入った辺りで料金所がありました
 料金所は一日一回ぐらい存在してました
 自転車は無料、左側に抜けられる道があります
20060304-c4.jpg



このあと道はサイゴン市内に
 予想通り、道間違えました、一時間以上うろうろしたかな
 正確な地図を持ってこなかったのがここでも敗因


それでも最終目的地のサイゴンのホテルに到着
 Majesticホテル、サイゴンで一番歴史のあるホテル
 近藤紘一さんのサイゴンの一番長い日に書いてあった印象があって
  ↑ ベトナム戦争関係で読んだ本では一番良かった
    サイゴン陥落だけでなく、その当時のベトナムの雰囲気がわかります
20060304-c5.jpg




<走行データ>
 走行日:2006年1月7日 7:30→11:00
 旅程:LongKhanh → Saigon (Ho Chi Minh City)
 走行距離:88.4km 、 走行時間:3時間55分 、 平均速度:22.5km/h
 走行状況:交通量多く、空気も悪くて、あんまり楽しくなかった
 天気:薄曇りでも暑かったよー 、 風向き:若干向かい風気味?




ということで、この日でホーチミンまで自転車走行できました

トラブルは有っても事故には遭遇せず、本当によかったです
 ホテルで会ったアメリカ人の自転車乗りは自分と同じ場所を走行
 事故で亡くなった人を4人、怪我した人14人見たそうです
私は運良く遭遇しなかったけど、やはり決して安全な国ではないです


走行の全記録
 走行日数:13日、走行距離:1825km、走行時間:84時間、平均走行距離140km でした
 平均走行距離140kmは、書いてる今でも信じられないです
 日本国内でもこれだけ走れることはないですから
  追い風と平坦な地形に助けられましたね

1825kmってどれくらいだろう
 新幹線の距離で調べると、ちょうど八戸から博多まで
 自分で言うのも何ですけどよく走ったものです


今回で自転車旅行も十分満足かなって感じです
 やっぱ、旅行は車とか飛行機使うのが楽ですよ
【2006/03/26 23:59】 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
好物のチョコレート



いただきました m(_ _)m

ありがたく、一日一個にしようかな




書く内容かって、言われそうだけど
たまにはブログ更新しないと、死んだと思われそう

ジュビロもなんか勝ったことだしね。


そうそう新宿駅で、びっくりした
 こんな電車が最近新宿駅には出没するらしいでっせ
 ご両人!?
20060322-2.jpg

【2006/03/24 00:48】 備忘録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
好きなものバトン
つづいて、、、
 現実逃避!????


好きな寿司ネタは? 

  なんだろう、サラダ(笑)
  旬の美味しいネタ、白身の魚が好きです
   福岡で食べてきた寿司、桜鯛とかみる貝とか美味しかったです

好きな車は? 

  子供の頃 : ロータスヨーロッパにあこがれた
  学生の頃 : フォーシーズズ レガシィ 今の愛車 
  最近   : マツダのアクセラ、軽くて飛びそうだから
  、、、  : USPostalモデルのTREK、コルナゴ???


好きな寝相は? 

  普通に仰向け


好きなお笑い芸人? 

  たけし


好きなスポーツは? 

  答えに、こまる、、、

  やる:自転車(乗り飽きた?)・スキー(まだしてない)・バスケ・サッカー・トライアスロン(って何だっけ?)
  見る:サッカー・ラグビー・アメフト・サイクルレース・

  おもしろけりゃ、何でも興味有りです
  

好きな都道府県は? 

  鹿児島・高知・福井・新潟
   旅行に行って楽しい思い出の残っているところ

  お勧めしたい町
   北海道江差(町並みと洋館のコントラストがいい)
   余市(蝦夷の息吹とニシン漁の盛況を感じられる)
   福井三国町(東尋坊はパスして古い町並みを、石川側の北前船船頭の集落もいい)
   越前大野(高山は大野の発展系、落ち着いた町並みがいい)
   彦根(お庭から見たお城の情景がいい)
   大津市坂本(比叡山の里坊や穴太積みを思わせる石垣がいい)
   益田市(雪舟の作った庭と寂れた!町並みがいい)
   唐津と呼子(海からせり上がる城と呼子のイカ、おすすめ)
   うちの実家も、古い神社と古い町並みがあって、おすすめです!!


好きな地方のお土産は? 

  江差の羊羹、丸い筒に入ってる : 友人に貰った中で一番良かった
  仙台の萩の月、松山の一六タルト?(あまー)、京都の八つ橋

  他にも有りそうだけど、思いつかない、、


好きな料理は? 

  さっぱり系の美味しいもの
   自作で最近はまってるのは、キノコとナスと豚肉のコチジャン風炒め←さっぱりしていない、、、


好きな番組は? 

  ロンハー?


好きな漫画、雑誌は? 

  エロ本?
  ゴミが増えるので買いません
【2006/03/16 22:20】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
色々バトン
閑話休題?
 ネタ考えるの面倒だから

出張含めて12日連続仕事
 さすがにへばってきてるので、、
 

--------------------------------------------------------

 Q 青から思いつく物(または事)は何ですか?

      透きとおーーった青空

 Q 赤は?

      フェラーリ

 Q 黄色は?

      JEF市原千葉
       (青でジュビロは出ないのに)

 Q 緑は?

      ヴェルディ、、ファンじゃないんだけどな

 Q 紫は?

      京都、、、またサッカー
      去年広島より京都の印象強いらな、、、

 Q ピンクは?

      マリアローザ (ジロデイタリアのリーダージャージ)

 Q 黒は?

      すみ

 Q 白は?

      ゆき

 Q 灰色は?

      どんよりした空

 Q 銀は?

      食器

 Q 金は?

      あんまりすきじゃない

 Q 今更ですが、これを回してくれた人のイメージカラーは?

      とうめい、、、かってに持ってきました

 Q 貴方のイメージカラーは?

      青が好きかな


落ちがねーよ
 ゆるして、、、
【2006/03/16 21:25】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
出張から帰ってきました



寒かったり暑かったり、
 仕事がうまくいったり大失敗したり

なぜかの九州長期出張
 大宰府天満宮だけは観光してきました
 この年でお祈りしても、頭は良くなんないか


昼の観光むりも、夜は自由時間、うまいもん食べてきました
 焼き鳥、もつ鍋、ラーメン、有明の幸、九州全般のネタで寿司
 福岡最高!!っす
【2006/03/15 08:21】 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
日曜日の昼ご飯
20060312133005
今日はリッチにうなぎせいろ
当地の名物のよう
美味しかったです
【2006/03/12 13:30】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
サッカー
20060312111802
ネットカフェで結果わかる程度
開幕戦の一試合しかテレビでもみれてません
悲しい

地元紙の一面はアビスパ!!
【2006/03/12 11:18】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
電車
20060311113557
まいにちこんなのに乗ってます。

【2006/03/11 11:36】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
日没
20060310182409
18:20を持ちまして本日も終了
一日お疲れさまでした

って終わってねーよ!!

大きくきれいな夕日にちょっと感動
【2006/03/10 18:24】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
今日は快晴
20060310165256
昨日は雨降って寒かった
今日は一転して好天
ひなたぼっこに最適!
【2006/03/10 16:53】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
昨晩の夕飯
20060310062656
トンコツラーメンでした
臭いがきついと感じたものの
食べ始めると以外にあっさりしていて
美味しかったです。
【2006/03/10 06:27】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ついでに
20060309110857
食べ過ぎ

夕飯しっかり食べて
飲み屋で飲み食いし
締めは屋台でチャンポン
チャンポンも美味しかった!!

帰宅後体重計乗るのが恐ろしい (^^;)
【2006/03/09 11:09】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
まいにち
20060309110018
酒飲み日

昨晩はクツゾコの煮付け食べました(そんな名前)
あと貝も、名前は失念 両者とも美味しかったです

それにしても三連チャンは飲み過ぎ
ほぼ二人で焼酎四合瓶二本開けるとは
【2006/03/09 11:00】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
春 続き(訂正)
20060308171514
菜の花も梅も満開

良い天気で、屋外が気持ち良い
なーんもせず、ボーッとしたい!!
【2006/03/08 17:15】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
春 続き
20060307143904
菜の花も梅も満開

良い天気で、屋外が気持ち良い
なーんもせず、ボーッとしたい!!
【2006/03/07 14:39】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
20060307143259
出先はもう春です!
【2006/03/07 14:33】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
昼ご飯
20060306145102
贅沢にも会席料理でした。

お吸い物、ヒラメのコブ締め?が美味しかったです。
【2006/03/06 14:51】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
飛行機に乗って着いたのは
20060306112710
ここ

雨で歩き回るのは大変も
思ったより風情が有って良いものです
有名な梅が今一番の見頃
【2006/03/06 11:27】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
今日は
20060305223610
横浜に来てます

後輩の結婚式の二次会。
新婦のドレス姿って、いいですよね
きれいなお相手でうらやましい!!

その前に久しぶりに横浜駅探索
ヨドバシが大きくオープンしてたのに驚く
でもムービルの方向のシェーキーズ健在!
あの辺の臭いってシェーキーズって思うけど違うかな?

明日旅立ちます!!m(__)m
【2006/03/05 22:36】 未選別 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ベトナム自転車旅行13.CaNa→LongKhanh(1/6)
ハノイからホーチミンまでの距離は1800km
 14日間走行出来るとすると一日平均130km以上走行しないと完走できない計算ですよね
 一日130km走るというの結構大変なんですよ

そしてホテルのある町は決まっているので、走行距離はそれに束縛されてしまう
 130kmより実際には長い距離の日と短い距離の日ができてしまう
 ついでに一日アイスクリーム休暇があった自分、よけい日程がつらい

ってうだうだ書いたのは
 この日は200km走んないと行けなかったんですよ
 ファンティエットまでは100km前後、その先が100km行かないとホテルなさそうで
 箱根駅伝の距離が110km弱なので、200kmというのは距離的には東京から芦ノ湖往復です

実はこの200km、ツーリングバイクでは相当きつい距離
 ロードレーサーは一日230kmもツーリングバイクは180kmが最高でした


そこでこの日は夜明けの朝6時スタート
 前夜から強い風が吹き荒れ、ちゃちいコテージはトタン?のばたつく音が聞こえた
 それがどちらかと言えば吉と出て、今日もほとんどの場所で追い風
 海岸線に近い場所では、強い向かい風で時速15km出ないことも有りましたが

海岸線から少し陸地側に入った風景はこんな感じ
20060304-b1.jpg

イメージの中にあるアリゾナの砂漠
 農業が出来ない乾燥地域であまり高い木も生えていない

気温が上がらない朝早い時間に抜けれてラッキーでったと思った



この日の走行は順調
 いや、いままで七割程度の力でしか走ってこなかった
 この日は残り少ない走行日数から、無理しても大丈夫と判断して90%にアップ
 強い追い風のアシストもあって、ファンティエットまでの平均時速は27km/h以上
 よわっちいライダーとしては、望みうるベストパフォーマンスです

計画では80km先のファンティエットの到着予定は12:30
 それが10:45には余裕で到着、三十分ほど余裕で昼ご飯が食べられた



風景の他にもう一つ特徴的だったのは、人種の違い
 ベトナムと言っても、この日走っている南ベトナムを今のベトナム人が占領したのは17~18世紀ぐらい
 それまではシャム(タイ)系の民族やクメール(カンボジア)民族の土地

その名残があって、
 ベトナム北部の平地は日本人に似た容姿も
 この辺りは日本人がイメージする東南アジア系の顔立ちの人の割合が増えてくる
 そして人によっては、完全にシャム系の民族衣装まで着ていた



ファンティエットの先も似たような風景が広がる中、快調にサイクリング
 レンガ工場、日干しした後焼いてるのでしょう
 ベトナムの主要建築資材、べとなむにはあんまり地震がないらしい
20060304-b2.jpg

20060304-b3.jpg


快調とかいたが、本当は少しずつ危機が
 12時を過ぎ、13時に近づくにつれ、日光はより激しさを増した
 一時間に一回の水分補給では全く追いつかない

そして13時を過ぎると、ふらふらになり、まっすぐ走れないぐらい
 沿道にはパラソルをさしたコーヒー屋さん
 何度も誘惑には打ち勝ってきたが
 ついにここにきてコーヒー屋さんに待避
  ベトナムにもシェスタが必要な事よく分かりました(これが真冬でも)



コーヒー屋さんは極楽
 パラソルのした長いすに横たわる
 氷入りのジュースが、缶ジュースを店先で買うのと対して変わらず出てくる
 それにお店の女の子が美人
 いす隣に並べて一時間接待してくれました←(旅の指さし会話帳で雑談しただけですよ)
 これならもっと前から活用すれば良かった

まあ冗談でなく、休憩はこまめにとった方が、疲労の蓄積なくて良いと思います
 自分はどうも休憩するのがあんまり好きではないので
 いや、真夏に走るときはすぐに木陰で休憩するか、、、


一時間ほどの休憩のあと、
 美人の女の子に別れ、サイクリング再開
休憩の効果は抜群で、時速25km/hが復活した

ついでに尿意も催したけど、予想以上に集落が続いてやる場所がない
 最後はガソリンスタンド駆け込んだら、快くOK
 要らなそうでしたけど、使用後チップを一応おいてきました
 南部のガソリンスタンドは、スタンドにジュースの保冷庫あったようで、
 トイレと水分補給はガソリンスタンドがお勧めかもしれません


道を走っていると、こんな豚さんにも出会います
 スーパーカブの後ろにミニブタ三匹ぐらい積んでるのもよく見ました
20060304-b4.jpg



延々と走っていき、目的地まで残り10km地点でチャリダーに遭遇
 今回の旅行で初めて
 ドイツから来た57才のチャリダーでした
 40代半ばかと思った、かれはラオスのビエンチャンから来たとか
 ベトナム国内しか走っていない自分はあまあまですね
自分とドイツ人で写真の取り合い
20060304-b5.jpg

20060304-b6.jpg


彼と共に、クアンロックの町にゆっくり到着
 時間は17時、休憩一時間含めても予想より早く町に到着
 230kmも走って、平均時速24.6km/hは自分でも信じられない速度です
 ドイツ人と会わなければおそらく26km/h弱だったと思います


心地よい疲れと、充実した走行を楽しめた一日でした


<走行データ>
 走行日:2006年1月6日 6:00→17:00
 旅程:CaNa → LongKhanh
 走行距離:234.3km 、 走行時間:9時間31分 、 平均速度:24.6km/h
 走行状況:日光照りつける砂漠を走行、日差しが痛かった
 天気:快晴 、 風向き:うれしいことに今日も追い風
【2006/03/05 02:06】 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ベトナム自転車旅行12.NhaTrang→CaNa(1/5)
この日からサイゴンまで、残念ながらあんまり画像ありません
 デジカメの電池が切れてしまったので
 自転車メモが多くなる感じですが、ご了承を

-----------------------------------------------------------

ニャチャンでも、どこも夜遊びに出かけずおとなしく就寝
 今日もそれなりに走る予定なので、早めに起床
 6:30過ぎに朝食準備して貰って、ちょっと迷惑だったかな?

7:30に宿を出発
 ニャチャンからの道は国道一号線を通らず海岸沿いの道を選択
 道はホテルのフロントに教えて貰いました

町近くに有ったニャチャン空港は
 三年ぐらいまえに南のカムラン近くに移動
 カムランへニャチャンから海岸線を経由した新しい道路が出来てました
と言っても町中に看板は無くて、ニャチャンの町から出るのに少し不安 

町中を抜けると、道は片側二車線の立派な道路に
 誰が通るんだいって思うと
 通るのは空港バスとタクシーばっかりですよ
  ↑ 道間違ってないのが確認できます

岬を越えると、何もない真っ平らな砂地の大地、そこにのびる直線の道路
 (一応ちょっと東側の方向にカーブしています)
 ニャチャンよりここの方が海水浴向いてない?
 日が差して無く、今日は曇り?、と思っていると
 徐々に青い空が迫り、木陰のない道路に、日本の真夏並みの太陽が照りつける

途中で西の国道一号線方向に向かう道が有るが、そのまままっすぐ進む
 空港への交差点をすぎると、道路は中央ラインのない田舎道
 追い風に気分飛ばしのは良いけど、もしかして道間違えた?
 こんな追い風の中戻りたく無いよーーー

と、この道に入ってからの三人目の住民に遭遇
 そう新しくできた道、砂丘の中の道なので人間住んでなかったんです
 この人はすぐに橋が見えるからと手振りで教えてくれた

そのまま走っていくと、
 まず怪しげな廃墟になった洋風ホテルのような建物が見えた
 そしてその先に、あったあった、確かに橋が有りました
 良かった、標識無くて心配だったので
20060304-a1.jpg

 味わいのある橋でした


この橋の先で検問所?に遭遇
 自転車でそのまま通過しようと思ったら、セーラー服着たお兄さんに留められちゃいました
 自転車は降りて歩いていかないといけなかったらしい
  まあ変な外国人ということで、笑って見過ごして貰いました

その先1kmも行かないところで再度検問所が
 この検問所の間に軍事基地があったみたいです
 検問所の外にはおみやげ屋さんがあって、子供用のセーラー服を売ってました
 名物(?)にちなんだおみやげ屋さん、今回の旅行ここしか見てないかな

ということで知ってる人は察したでしょうけど
 ここカムランは軍港のある場所
 たしか、ベトナム戦争時は米国海軍の基地が有ったところです


さあ検問所を抜け、どうやって国道一号線に出ようか
 そう悩む必要もなくすぐ先が国道一号線、良かった良かった

ここからは道も広くて(その分交通量も多い)、順調にサイクリング
 カムランは、軍港の周りだけでなく、この先も結構な距離町が続いていた



そうそうここカムランで驚いたこと
 ジュースを購入した時
  値段がぼったくられず定価のままだったこと
  それになにより、ジュースと一緒に氷をくれたこと
   ↑ ボトルに入った冷たいジュース、サイクリストには最高のプレゼント



カムランの町を抜けると緩い上り坂を越え小高い大地に
 牧草地が広がり、今回の旅行で初めて羊を見かけた

日差しは痛い物の、強い追い風がアシストしてくれ爽快なサイクリング
 時速は33~35km/h、俺って強いって、そんな誤解も感じる?
 風景も好きな感じ、最高の自転車ツーリングです
20060304-a2.jpg

20060304-a3.jpg



ファンランの町で昼食を取ろうとぼけーっと走ってたら
 町をすぎてしまって、その先の小さい町で昼食
 この日も予定よりだいぶ早く走行出来たのでゆっくり食事

その後、デジャブのようにさっきの少し高い台地と同じ風景を走行
 どこかにシャム族の砦が有るらしいけど分からなかった

昼食後一時間で今日の目標地カーナービーチに到着
 一泊12ドルのコテージに宿泊
 南の島のコテージを想像してたら全く違った (笑)

泊まったコテージとメインの海岸は場所が違うみたいで
 ビーチは本当に小さかったです
 その代わり、浜は珊瑚でできてました
 砂浜しか知らなかったので、ちょっと感激
20060304-a4.jpg

20060304-a5.jpg

観光客が乗るたらい船の練習してる地元民です
 佐渡島と同じ感じでしょうか?
20060304-a6.jpg


宿では時間があったので、受付のお姉さんと話しました
 私はビールに焼きそばのおつまみつきで

彼女はハノイ出身で大学卒業のエリート
 意思疎通するには全く問題ないレベルで英語が話せた
それがこんな田舎町で、古びたホテル&レストランの受付
 北部の人間と言うこともあって周りの人からは孤立してる感じ
 ベトナム人には珍しく、哀愁感を漂わせたような雰囲気の人でした

私のように自由に海外旅行出来ることがうらやましいって
 君は行かないの?って聞いたら、悲しい顔をして無理だと
 自由が無いと言うより、お金の問題のよう
 (月給一万円も無いと思われるので)

自分は恵まれているって、実感した瞬間でした

翌日は朝6時の出発
 その時間に起床させたお詫びに(アーリーチェックアウト)一ドルをチップで
 自分にとってはたった一ドル、でもすごい喜びようでした
チップのお礼にビスケットを10枚ほどもらいました
 その気持ちがなんともいえず嬉しかった



<走行データ>
 走行日:2006年1月5日 7:30→14:00
 旅程:NhaTrang → CaNa
 走行距離:131.4km 、 走行時間:5時間35分 、 平均速度:23.5km/h
 走行状況:季節は一日で真夏に、暑かった
 天気:快晴 、 風向き:強ーい追い風
【2006/03/04 15:47】 スポーツ--自転車 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ベトナム自転車旅行11.QuyNhon→NhaTrang(1/4)
今週中にサイゴンまで書くぞ!!
 という週初めの意気込みはどこへ、腰の痛みとどこかへ行ってしまった

いや、なんとしてでも書きます、、、

----------------------------------------------------------------------

あったーらしい あさがきた
 き ぼーの あさーだ  (日本version 以下略)

ベトナムの始まりを朝5時から感じる
 大音響のスピーカー
 社会主義国を感じるこの瞬間
いやがおうでも朝型人間継続です

これが泊まったホテル、オーナーは中国系かな
 実は前日に焼き芋ごちそうになりました
20060226-a1.jpg

QuyNhonの町にへんなモニュメントありました
 結構巨大な塔です、だれか教えて!!
20060226-a2.jpg


今日もねずみ色の雲を見ながらのサイクリング
 一時間半ほどでDeoCaという峠に到着 
20060226-a3.jpg

昨日のようにこの後は下り坂が続き平坦になると思いきや
 ある程度の高さを保って海岸線を望みながら走る
 こんな景色好きです、晴れていればなお気持ちいいでしょう
20060226-a4.jpg

20060226-a5.jpg


そして30分ほど走行すると、目の前にきれいな海岸線が広がった
 これがダイランビーチだ、地球の歩き方に出てくる地名
 何日ぶりに文明(?)のあるところに戻ってきただろう

ここも曇った空で寒々しい海岸線って感じがした、うーーん、惜しい、、夏に来たい?
20060226-a6.jpg


その後徐々にそらに青みが出始める
 もしかして、今日は晴れるの?
 その希望は現実にかわり、ついにこの旅行で初めての青空の天気が広がる
   やっぱ自転車旅行はこれじゃなくちゃ!!
20060226-a7.jpg

20060226-a8.jpg

一つの湾を抜け、一つの峠を越える毎に、空に青みが広がっていく
 空の青、木々の緑、海の水色、家々の屋根の茶褐色、、そのすべてが美しい
 (撮影してる場所は少しきつい坂のてっぺんだったりしますが)
20060226-a9.jpg

20060226-aa.jpg

20060226-ab.jpg


そうこんな景色の中を走るのを楽しみにベトナムにやってきたんだ
 ゆるい登りを制覇すると新しい風景が広がる
 岬をまわると美しい海岸線がまた広がるんだ
20060226-ac.jpg

20060226-ad.jpg

って安穏なこと書いていたら
 最後にどんでん返しが待っていました

今日の目的地はニャチャン、
 ベトナムで一番有名なビーチリゾートと言っても間違いは無いでしょう

集落をすぎた後、徐々に道が登り始める
 ここの道は思ったより斜度が有る、そして距離も思ったよりあった
 それに何より、日光が暑い、のどが渇いた


途中で国道一号線から海岸線に向けて、大きな分かれ道が現れる
 (ここもたぶん看板無かったんですよね)
 国道一号線にはニャチャンの真西方向から入るのがメインルートらしいが
 明日使うかもしれないそのルートを避け、北からの進入にチャレンジ

やはり国道じゃないだけ有った
 きつい坂、ダンシング併用しないと上れない
 ヘルメットが汗だらけ

それも20分ぐらいだったかな
 下りに入ると一気に加速、ニャチャンに到着

そうとう大きな町で、どこが中心部と思ったらは川を越た先にあった
 町の入り口からら中心まで30分、ホテル街まで50分ぐらいかかったと思う
20060226-ae.jpg

20060226-af.jpg


ニャチャンは都会でした
 初めてスーパーマーケットを見かけました
  ヨーグルトと牛乳を買って大喜び
 ATMも24時間連続で稼働してます
 レストランのメニューも英語有り (と言っても英語わかんないけどね)
 なにしろ欧米人が多い
 そうそう、ホテルのフロント、英語を完璧に話しました
  日本語じゃなくても、言葉で意思疎通出来るって幸せ

そしてニャチャンで一番したかったこと
 そうアイスクリームリベンジ、地球の歩き方でお勧めしたたのですよ
 32000ドン(230円)、普通に美味しかったです
思い出した、店員にMay I order IceCream? と聞いたら
 I willって言われて、五秒ぐらい理解できなかったんだよな


ちなみに海岸
 ビーチリゾートって感じがしました
 アイス食べたのもヨットクラブでした
 ビーチサッカーやビーチバレーもやってました
 海岸線もながかったです
   惜しむらくは、海岸の砂の粒子が大きくて、裸足で歩くと痛かったかな



<走行データ>
 走行日:2006年1月4日 6:45→14:00
 旅程:TuyHoa → NhaTrang
 走行距離:124.7km 、 走行時間:6時間16分 、 平均速度:19.9km/h
 走行状況:ねずみ色の色彩が極彩色にかわる、ついに南国に来た!
 天気:くもり→快晴 、 風向き:追い風
【2006/03/04 01:11】 旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
しゅうまつ
久しぶりに仕事が忙しかった
 今週と言うより土曜日から一昨日まで毎日23時以降帰社

そしてついに昨日そのひずみが
 仕事が一段落して散歩、空き缶とか蹴っていたら
 腰の辺りに激痛が、、、痛くなっていすに座るのがやっと

今朝ふとんから立ち上がるのに三十分もかかった
 痛みでふとんから出られないって、生まれて初めて
 いやぁ、毎日ふとんから出たく無いんですけどね


一応病院にも行ってきました
 エックス線透過写真撮影もしてヘルニアの確認してもらいました





その結果、単なる筋肉(筋?)の損傷と判明
 週明けには無事復活出来そうです


ちなみに、お医者さんから言われました、、
 水泳まめにすれば良くなるよ
 富士ヒルクライムレース出れば良くなるよ
  スプロケッタ交換すると楽しいよ、27入れれば富士スバルラインも大丈夫
 ランの大会も出ると良いよ

うーーーーん、なんか違います (笑)
【2006/03/03 23:43】 備忘録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。